全国内水面漁業振興大会 秋田大会の概要

第60回全国内水面漁業振興大会を、10月18日に秋田県秋田市「アトリオン音楽ホール」において
開催しました。
本大会は、秋田県内水面漁連の担当により、~きれいなかわ おさかなにこにこ みずきらきら~
(第16回全国川づくり標語コンクールの最優秀作品)をスローガンとして約520人が参加しました。
秋田県内水面漁連の菊地 勇副会長理事が開会を宣言し、全内の南山金光会長代理より主催者挨拶、
秋田県内水面漁連の湊屋啓二会長代理より開催担当挨拶、来賓として、秋田県の佐竹敬久知事、秋
田県議会副議長、水産庁の保科正樹増殖推進部長、国土交通省水管理・国土保全局長(奥田晃久河
川環境保全調整官代読)、環境省水・大気環境局長(渡邊康正水環境課長代読)の皆様からご祝辞
をいただいたほか、多くのご来賓にご出席をいただきました。

来賓及び執行部紹介の後、議長団として秋田県内水面漁連の湊屋会長代理、青森県内水面漁連の野
月 誠会長、宮城県内水面漁連の佐藤仁一会長の3名が選出されました。前年度議案の処理報告に続
いて、全国5つのブロックから提出された7議案については、2つの議案で追加修正を加えることと
なりましたが、すべての議案が採択されました。

秋田県内水面漁連の伊藤敏彦理事による大会宣言が満場一致で採択された後、同県内水面漁連の宮
野和秀理事の閉会の辞により盛会のうちに閉幕となりました。

会場では、国立研究開発法人 水産研究・教育機構 内水面研究センターによる「飛ぶ鳥には飛び道
具!ドローンを使ったカワウ被害対策」、秋田県水産振興センターによる「友釣りで良く釣れるアユ
の放流技術開発」、NPO法人秋田水生生物保全協会による「あきたの川や湖にすむ生きもの」など、
内水面に関する研究成果等のパネルが複数展示され、参加者の関心を集めていました。

大会終了後は、会場を秋田キャッスルホテル移し、全内の南山会長代理、秋田県内水面漁連の湊屋
会長代理、内水面漁業振興議員連盟副幹事長の片山さつき参議院議員の挨拶に続き、(一社)大日本
水産会の重 義行専務理事の乾杯により、賑やかに懇親会が開催されました。

次年度は、奈良県で開催する予定です。
機関紙「ぜんない」より